読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家の建て替えが決まりました。契約をして、これからこまかいとこ

家の建て替えが決まりました。契約をして、これからこまかいところを打合せていくのですが、なるべくコストをおさえるために工夫できることはなんですか? 照明は高いと聞きました。見積りではとりあえず80万入ってます。工事も含む値段です。 カタログみると10万単位ですが、Amazonなどで見ると五千円などあります。ソケットまで工事でつけてもらって、あとは自分達で設置のほうが、やすいですよね? エアコンなども、ハウスメーカーにたのむより、電気屋と交渉して古いエアコンは引き取ってもらい、新しいのを入れる代わりに工事代も込みで安くしてもらうなど。 カーテンはニトリに頼むとか。 とにかくハウスメーカーのいいなりだと高くなっていくかと思いました。どんな工夫がありますか?

施主、つまり貴方が照明器具をネット購入すれば非常に安くなります。 ハウスメーカーが提案、提供する照明器具というのは住宅設備メーカー(Panasonicやオーデリックなど)の製品で値引きはあるにしろ定価は非常に高額な物ですので高くて当然なのです。 一般的に量販店で量販されている製品との違いなんて、ちょっとしたデザイン性だけですので、LEDシーリングライトなんかは安い製品で充分でしょう。 シーリングライトを取り付けるための「引っ掛けシーリング」を施工するだけであれば、高く取られようが無いです。 ダウンライトを多用すれば、当然数が必要ですので施工費用が高くなります。 更に調光やら調色やら機能を持たせればどんどん高額になりますが、そういう照明を避けて、最初からLEDシーリングライト��

�しておけばかなり安くなります。 例えば、廊下などの照明にブラケットライトやダウンライトを使うというのはよくありますし、まぁ悪くも無いと思いますが、「引っ掛けシーリング」にしておけば、ミニシーリングライトを取り付け出来ますし、人感センサー付きの製品でもAmazonなんかで3000円程度で買えます。 デザイン的にはダウンライトが優れていると思いますが、機能性や安価さ、簡単に交換出来るというメリットが「引っ掛けシーリング」にはあります。

K18ホワイトゴールドとK10ホワイトゴールドのアクセサリー(ラペルピン)ですが違いは見た目ではわからないのですがどう違うのでしょうか、価格差が6000円ほどあり悩んでます。アドバイスをお願いします。

ご存知のように金の純度が違うわけですが、日本のホワイトゴールドはほとんどがロジウムメッキを施されていますので、K18でもK10でも見た目に違いは解りません。 金の純度が低いデメリットとしては融点が低いこと(一般には無関係)や変色しやすいことが上げられますが、どちらもメッキで色を出しているので、これも無関係と考えて良いです。 残るのはユーザの満足感でしょうか。「K18製品」を所有しているのと「K10製品」では持つ人の満足感が違う場合があるかも知れません。K10は安物のイメージで嫌いという人もいるでしょう。そういう感覚があるならK18を選ぶのが良いでしょうし、特に気にならないならK10製品がお得だと思います。 6,000円の開きは大きいですから、実用に影響しない純度の違いにその価値が有るかどうか、

判断されるのはユーザ自身ということになります。